貸付のメリット・デメリットとは? 貸出やファクタリングとの違いとは?

Pocket

貸付の仕組みや種類貸付とは、資金調達を目的に使われることが多い金融サービスの1種です。
そんな貸付にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
また、同じ金融サービスである貸出やファクタリングとは一体何が違うのでしょうか?
今回は貸付のメリット・デメリット、貸出やファクタリングとの違いについて紹介していきたいと思います。
是非、参考までに目を通してみて下さい。

貸付とは

貸付とは、定められた条件下で資金や物品、権利を貸したりするサービスのことでƒす。
分かりやすくいうと、当事者間において金額や利用料、期間などを定めた上で、金銭や物品を貸すことを言います。
主にこの言葉が使われるのは、自分が金融機関からお金を借りた時です。「消費者金融から貸付を受けた」というように、自分が相手の金融機関からお金を借りた時に使われます。

ファクタリングとの違い

ファクタリングは貸出と同じく、資金調達を目的に利用される金融サービスの1つです。
売掛金担保融資が貸付であるのに対し、ファクタリングは売掛金の譲渡契約となっています。
その他にも支払い方法や登記の仕方、利息、手数料など幾つかの部分が異なります。
利息や手数料に関しては貸付の方が安いため、キャッシュフローの余裕が無い方に向いているでしょう。
しかし、貸付は財務状況が悪かったり税金や保険料の未納が続いていると審査に通過するのは難しいです。
一方でファクタリングは、会社によって柔軟な審査基準を設けている所が幾つか存在しますので、財務状況や滞納等があっても見過ごしてくれる可能性があります。
このように貸付とファクタリングでは幾つかの違いがあるので、より良い方法を選んでいくためにも、両者の違いをしっかりと把握しておくようにしましょう。

>>資金調達をファクタリングで行うならここがおすすめ

貸出との違い

貸付と貸出はどちらも一定の条件下で物や金銭を与えるサービスなので大きな違いはありません。
しかし、言葉の言い回しやニュアンスは若干異なります。
貸付とは金額や利率、期間などの各種条件を設定した上で物品や金銭を貸したりする行為を指します。
一方で貸出とは、銀行や消費者金融などの金融会社が貸付金を支出することを言います。
貸出の方が抽象的で広い範囲の意味を表しており、貸付はややケースの狭まった限定的な意味だと思って下さい。
両者に厳密な使い分けはありませんが、貸付業者が金銭を貸す行為を「貸付」。金融機関が金銭を貸す行為を「貸出」と捉えると良いでしょう。

貸付の種類

証書貸付

証書貸付とは融資を行うにあたり、借主「お金を借りる人)から予め金銭消費賃借契約書を記入してもらう貸付のことです。
金銭消費者賃借契約書には、以下のような記載内容があります。

  • 契約日
  • 借入金額
  • 借入利率
  • 遅延損害金
  • 返済方法
  • 返済期間

証書貸付のメリットは、1年以上の長期的な資金繰りを行えるという点にあります。
これは借りる側が事業に安心して専念できるだけでなく、貸す側も安定した金利収入を得ることが出来るため、お互いのメリットに繋がります。

手形貸付

手形貸付とは信用取引の一種で、借主に約束手形を差し出して貸付を行うことを指します。
証書貸付のように厄介な手続きを踏んでいく必要が無く、早急に融資を受けることが可能なので、短期融資を頻繁に受ける場合などに向いています。
また、手形貸付では返済財源を突き止めながら融資を行なっていくため、自身の借入目的が明確化されるのも大きな魅力です。
しかし、審査では銀行が応じてくれるかどうか取引実績や業績を厳しくチェックされるので、信用面に心配のある方にとっては大きな難点と言えるでしょう。

まとめ

今回や貸付の仕組みや貸出・ファクタリングとの違いを紹介させて頂きました。
貸付とは金額や利用料など一定の条件を定めた上で、金銭・物品を貸したりするサービスを言います。
証書貸付と手形貸付ではメリット・デメリットが異なるので、現状や目的に応じて適切な方法を選んでいくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする