証書貸付のメリット・デメリットとは?

Pocket

証書貸付のメリット・デメリット
融資の1種である証書貸付は、日頃から多くの事業者に利用されています。
しかし、中には証書貸付についてあまり知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は証書貸付の意味やメリット・デメリットをまとめましたので、参考までに目を通してみて下さい。

証書手形とは

証書貸付とは銀行融資の1つで、借主に対し金銭消費賃借契約書(文書や契約書)を交わして貸付を行うことを指します。
金銭消費者賃借契約書には、以下のような内容が記載されます。

  • 契約日
  • 借入金額
  • 借入利率
  • 遅延損害金
  • 返済方法
  • 返済期間

証書貸付は5年〜10年と長期的な融資に使われることが多く、長期運転資金や設備資金で主に利用されています。

証書手形のメリット

長期間で融資を受ける事が可能

証書貸付のメリットの1つは、長期間の融資を受けられるという点にあります。
手形融資の短期借入金とは異なり、融資期間1年以上の長期借入金となっているため、高額の借入を長期スパンで返していくのに向いています。
長期運転資金や設備投資のように長期間の借入が必要な場合には、最適の方法と言えるでしょう。

毎月分割払いなので計画的な返済が可能

証書貸付は返済方法が分割払いとなっているので、一括払いである手形貸付に比べ、毎月の負担額を抑えることが出来ます。
毎月の返済額が少ないということは、それだけ余裕を持って日々の返済を計画的に行なっていけます。

審査基準が比較的緩やか

証書貸付は手形貸付に比べ、比較的緩やかな審査基準が設けられています。
手形貸付の審査では「企業の信用度」を重視しているので、提出書類を元に企業の財務状況や過去の実績を厳しく確認します。
もし書類内容に不審な点が見つかった場合は、銀行からリスクの大きい企業と見なされてしまうケースが多いです。
一方、長期借入金である証書貸付の審査では、「毎月返済していけるかどうか」を重視しています。
企業の場合は現在の事業計画や、融資を行う目的、融資を行うことで見えてくる会社の将来像も審査項目ぬ含まれます。
書類の内容に多少の不備が見つかったとしても、本人の態度や意思次第では融資を受けられる見込みが十分にあるため、実績や財務状況に不安のある方に向いていると言えるでしょう。

証書貸付のデメリット

契約に手間や時間が掛かる

証書貸付では融資の際の度に毎回、契約証書を記入する必要があります。
カードローンのように作成した借入限度枠を繰り返し利用できる訳ではないので、融資実行までに時間が掛かってしまうというのが大きなデメリットです。
借入を追加したい場合は銀行へ足を運ぶ必要があり、返済を追加で行う場合も原則として銀行へ交渉しに行かなければなりません。
そうした煩雑な点が証書貸付のネックな部分と言えます。

不必要な融資を繰り返すと返済困難になる恐れがある

証書貸付は一括で融資金が払われる上、月々の返済も分割払いでOKなので、余程のことがない限りは返済が困難に陥ることはありません。
かといって、慎重な料金設定をせずに不必要な融資を繰り返した場合は、資金繰りが悪化する可能性もあります。
事業が安定している場合ならともかく、事業が向上の途中にある中でそのような事を起こしてしまった場合には、融資を受けること自体が今後の状況をさらに悪化させていってしまうでしょう。

まとめ

今回は証書貸付のメリット・デメリットを紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
証書貸付のメリット・デメリットをもう一度まとめると、以下のような感じです。

証書貸付のメリット
長期間の融資に向いている
分割払いなので計画的に返済を行える
審査基準が比較的緩やか
証書貸付のデメリット
契約に手間や時間が掛かる
不必要な融資を繰り返すと返済困難になる恐れがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする