手形貸付のメリット・デメリットとは?

Pocket

手形貸付のメリットとデメリットを紹介
皆さんは手形貸付という資金調達方法をご存知でしょうか?
手形貸付とは約束手形を用いて行う銀行融資の1種です。
今回は手形貸付の意味やメリット・デメリットを紹介していますので、この機会に詳しく見ていきましょう。

手形貸付とは何か?

手形貸付とは約束手形(手形)を用いて銀行などの金融機関から融資を受ける資金調達方法です。
約束手形を金融機関に差し出すことで、それを受け取った金融機関は手形に記載されている額面から利息分を引いた金額を借主に付与します。

手形貸付のメリット

手続きが簡単でスピーディーに融資を受けられる

手形貸付は証書貸付のような証書記載等の面倒な手間が無いため、審査さえ通過すれば早急に融資を受けることが出来ます。
そのため、賞与資金や納税資金、工事立替資金などの季節に応じた短期借入

利息負担が少ない

融資目的が明確化しやすい

手形貸付のデメリット

審査では「高い信用力」が重視される

手形貸付の審査では借主に返済能力があるかどうかを確認するために、財務状況や経営状況、過去の実績などが重視されます。
銀行としても滞納や返済遅延などのリスクを被りたくないので、一定の信用度が認められない場合は積極的に融資を行うことが出来ません。
もし業績が良くない状況に陥っているのであれば、金融機関に信用力を認めて貰えるよう、取引の回数を増やしていく必要があります。
特に個人の場合は法人よりも厳しい目で見られるので、

長期の返済には向いていない

手形貸付は返済期間が約一年と短いため、余裕を持った返済計画が立てにくいというのが大きなデメリットと言えます。
無計画で融資を重ねていけば、経済状況はさらなる悪化を引き起こしてしまうかもしれません。
場合によっては金融機関から取引停止を受ける恐れがあるので、そんなことにならないよう、しっかりとした返済計画を練っておくことが大切です。

融資可能額が少ない傾向にある

短期融資に分類される手形貸付では、期間中に借主が払える金額は限られてくるので、多額の融資を実現させるのは難しいです。
信用度が高いと判断された場合は、ある程度の金額を融資して貰える見込みもありますが、余程の事がない限りは急な資金不足の解消や短期感を繋ぐ資金として使うようにしましょう。

まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする