融資の代表的な種類:手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越とは?

Pocket

融資の代表的な種類を紹介
融資には代表的な4つの種類が存在します。
それが手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越です。
これらの融資方法にはどのような特徴があるのでしょうか?
今回はそれぞれの意味や特徴を紹介していきますので、この機会に詳しく見ていきましょう。

代表的な4つの融資方法

手形割引

手形割引とは、期日前の手形を銀行や専門業者に買い取って貰うことを言います。

手形割引の特徴

手形割引では、期日前の手形を銀行や専門業者に買い取って貰うことで、相当の割引料は引かれてしまうものの、通常より早く現金を受け取ることが出来ます。
手形割引は銀行融資の1種で、貸付とはまた違うポジョションに位置付けられています。
手形が不渡りにならない限りは、貸し倒れリスクの懸念も無いため、銀行からすれば通常の融資よりもリスクの少ない融資方法です。

手形貸付

手形貸付とは、約束手形(手形)を担保代わりとして貸付を行うことを言います。

手形貸付の特徴

手形貸付は面倒な手間が少なく融資がスピーディーであるため、頻繁に行われる短期間の融資として使われることが多いです。
手形貸付を利用することの多い業種としては、建設業やIT企業が挙げられます。

証書貸付

証書貸付とは、借主に対して文書や契約書を交わした上で行う貸付のことです。

証書貸付の特徴

証書貸付では、融資を受けるまでにある程度の手間や時間を掛かります。
融資を受ける度に契約書や連帯保証人のサイン、印鑑証明書、登記簿などを揃える必要があるため、短期融資を高頻度で受ける方にはあまり向いていません。
基本は1年以上の長期的な融資が前提となっているため、長期運転資金や設備投資を目的に利用されることが多いです。

当座貸越

当座貸越とは、設定された限度額までを好きな時に貸したり返したりできる融資方法の1つです。

当座貸越の特徴

当座貸越では事前に銀行と契約を結んでおくことで、設定された限度額であれば立て替えをして貰ったり、不渡りを回避することが出来ます。
自由度が高く非常に便利ですが、銀行からすればリスクの高い融資方法なので、財務状況や事業内容が良くないと、審査に通過するのは難しいです。

まとめ

今回紹介させて頂いた4つの融資方法は、それぞれ仕組みから特徴まで全く異なります。
これから融資をする場合は各融資方法のメリット・デメリットを予め押さえておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする